名刺テンプレート

よりグラフィックでカラフルに・・・エンボス加工された名刺とは

かつては白地に黒い明朝体で書かれているものが一般的だった名刺ですが、現在は会社ごとにコーポレートカラーをあしらったり、似顔絵やqrコードを入れたりといった個性的な名刺が一般的になりつつあります。名刺は名刺交換を行う際に使うものであり、手渡した相手の元に残るために人脈を築く基礎となる大切なものと言えます。「そういえば、ちょっと変わった名刺があったなあ」と記憶に残る名刺があれば、それだけ名刺の効果も抜群だったと言えるのです。

相手の記憶に残る個性的な名刺を作りたい…そう、お考えであればエンボス加工を施した名刺はいかがでしょうか?エンボス加工とはデザインを金属で作り、それを名刺の上下からプレスすることで、表面に凹凸を作り出した加工技術のことを言います。エンボス加工を施した名刺は欧米では一般的となっています。

エンボス加工の場合は表側が凸状になるため、裏は若干へこんだ状態となります。また、あまり細かいデザインが出来ないというデメリットも確かにあります。しかし、エンボス加工用の金属の金型を一度作成すれば、かなりの耐久性があるため、長期に渡って何万枚も名刺が作成できるメリットもあるのです。

このようにエンボス加工を施した名刺は、相手にもインパクトを与えることが出来るとともに、出来上がりも外国風なおしゃれな仕上がりになります。そのため、この名刺を受け取る側も、会社に対して高級感や信頼感、さらには柔らかさといったプラスのイメージを与えることが出来ると言えるでしょう。

qrコード入りならより便利!あなたや会社のことを伝えられる名刺に

突然ですが、qrコードという言葉をご存知でしょうか?今では様々な場所で見ることが出来るため、一度は目にしたことがあるかと思います。正方形をしたバーコードで、携帯電話のバーコードリーダーを使うことで、バーコードに書かれた情報を読み取ることが出来るのです。例えば、バーコード内にあるサイトへのURLを情報として持っているのであれば、バーコードリーダーを使うことで、その情報を携帯で読み取り、そのURLへ簡単にアクセスすることが出来るというわけです。

このような機能を持っているqrコードを名刺に記載することが、徐々に主流となってきました。名刺といえば、会社名や部署名、役職、氏名、住所、電話番号、さらに最近ではメールアドレスといったものが記載されていることが一般的でした。しかし、一度しかない名刺交換のチャンスだけに、出来るだけ多くの情報を掲載し、自分自身の会社のことを知ってほしい…そういった場合にqrコードは大変便利なのです。

会社についてどんな業務をしていて、どんな製品を開発していて、資本金はいくらで、支店は…このようなことを全部書いていては、小さな名刺にはとても入り切らないでしょう。そこで、名刺に会社のホームページにアクセスできるURLを情報として持たせているqrコードを掲載していれば、バーコードリーダーで読み取るだけで簡単にアクセスが出来るのです。つまり、名刺に会社の細部にいたるまでを記載しなくとも、qrコードを1つ記載することで、あらゆる情報を記載したことと同じ効果があるのです。名刺の内容に厚みを持たせ、一度しかない名刺交換のチャンスをより拡大させる方法として、qrコードは大変便利な存在であると言えるでしょう。

丈夫で安心!プラスチックで出来た名刺があるの?

かつての名刺と言えば、どの企業においても白地に黒の明朝体で会社名や名前が書かれているものが一般的でした。しかし、社会人として企業などで働かれている場合、名刺交換をする場面は多々あるかと思いますが、様々なデザインの名刺があることに気が付くことも多いのではないでしょうか。それぞれの企業のコーポレートカラーを前面に出したものや、似顔絵や写真が入ったものまで様々な種類の名刺が存在します。

しかし、デザイン面では個性があるものの、基本的に名刺は紙で出来ているというイメージが強いのではないでしょうか?そういった固定観念を覆す名刺こそ、プラスチック製の名刺なのです。名刺そのものがプラスチックで出来ていることで、最大のメリットは何といっても、濡れても水を弾くということでしょう。つまり日頃の持ち運びにも安心ですし、相手に渡しても丈夫であるために、いつまでも手元に残りやすいのです。

そして、何といってもプラスチック製の名刺は相手に与えるインパクトも強いということが挙げられます。名刺交換するだけで、「あなたの企業の名刺はプラスチックで出来てるんですね」と、それだけで話題になることもあるのです。名刺は相手に会社名や名前を覚えてもらい、いつでも連絡してもらうことができるツールです。そのため、プラスチック製の名刺というだけで、相手に印象を残すことが出来る…つまり、ライバルとなる他の企業よりも一歩先に出ることが出来るのです。名刺としての最大限の効果を発揮できる…それがプラスチック名刺と言えるでしょう。

お悩み解決!名刺って、どんなフォントで作ればいいのだろう?

名刺交換をする際に、真っ先に目に付く箇所は人それぞれに異なるかと思います。もちろん、会社名や名前を確認するでしょうし、またデザイン性にも目が行く方も多いでしょう。このように、名刺は様々なビジネスシーンで多く用いられるとともに、人脈を広げていくためにも大きな役割を果たすものです。だからこそ、相手に会社名や名前をしっかり伝えるために、分かりやすさ、見易さ、そして印象に残る名刺を作成することが、会社の業績をも左右するといっても過言ではないくらい重要なことだといえるのです。

そこで、名刺作成の際にこだわっておきたいポイントの一つに、フォントがあります。フォントと聞けば、パソコンで書類を作成する際などで使われる「明朝体」や「ゴシック体」など様々な文字の形のことを思い浮かべるでしょう。書類作成にいたっても、フォントをどれにするかによって、そのものの印象はがらりと変わります。もちろん、それは名刺においても同じことが言えます。フォントをどれにするかによって、相手が受け取る会社、そして自分自身の印象を判断する材料となるのです。

例えば、最もオーソドックスなのが明朝体でしょう。明朝体で書かれた名刺は、オーソドックスであるがゆえに信頼感も高く、さらに上品な印象を相手に与えます。その一方で、「堅すぎる」というイメージも与えてしまいます。自分の会社が老舗であれば、明朝体でも問題ないのですが、親しみやすさや若々しさを全面に出したいというのであれば、明朝体よりもゴシック体の方が、その希望に添える出来栄えとなります。その他にもフォントには教科書体や丸文字、隷書、行書、勘亭流など様々な種類があります。まずは自分の会社のイメージを思い浮かべ、またデザインとの調和も図りながら、フォントを決めていくと良いでしょう。

これならビジネスで使える!オススメの名刺とは?

ビジネスを行っていく上で、最低限のマナーを守ることは非常に大切です。マナーが出来ていないと判断された時点で、相手からの信頼を損ねてしまいかねません。マナーを守ること…これはビジネスを成功させる上で最も基本になる部分なのです。

特に、ビジネスに限ったことではないのですが、初対面で相手に好印象を与えることはとても大切です。ビジネスの成功を占うといっても過言ではないのです。ビジネスの際にまず最初に行うこと…それは名刺交換です。名刺交換がしっかり行えるかどうかはビジネスが成功できるかどうかの最初のハードルであると言えます。

例えば、自分自身の名刺はきちんと名刺入れに入れていますか?いただいた名刺をノートや手帳に挟んでいませんか?名刺をぞんざいに扱っていると、いざ名刺が必要になった場合に、折れ曲がった名刺を相手に差し出すということになりかねません。これでは相手の方に大変失礼になる上に、相手もあなたに対しての印象を悪くしてしまいます。また、いただいた名刺をぞんざいに扱ってしまうと、肝心な場面で連絡が取れなかったり、この名刺が必要なものかどうかすら分からなくなってしまいます。

名刺交換をする場合は、いつ何時でも、立ち上がって、すっときれいな名刺を取り出せるように態勢を整えておくとともに、手渡す際は簡単な自己紹介や挨拶も忘れないようにしましょう。また、いざというときに名刺入れに名刺が入っていなかった…では、話になりません。名刺入れにはある程度の枚数のストックをしておくようにすることも大切です。

こんな名刺があるの?和紙で出来た名刺がある

様々なビジネスシーンで力を発揮する存在と言えるのが名刺です。名刺交換をすることによって、相手との繋がりを作ることも出来ます。さらに相手の連絡先が分かるために、その後のアプローチも可能になるのです。名刺は相手に自分や会社そのものを覚えてもらうツールとして、非常に大切なものなのです。

しかし、一般的な名刺ではなかなか自分自身や会社のことを覚えてもらえないものです。相手にインパクトを残すためにはどうすれば良いか…その方法の1つとして名刺そのものにこだわるということが挙げられるでしょう。その中で、今、注目を集めているのが、和紙で作られた名刺です。

もし、あなたの元を訪れてきた営業マンが和紙の名刺を差し出してきたらどうでしょうか?一般的な名刺よりも、和紙の名刺の方が圧倒的なインパクトがあると思います。もしかしたら、その物珍しさにしばらく眺めてしまうかも知れません。このように相手に強い印象を与えられるとともに、会社名や名前を覚えてもらえる効果が期待できるのです。

和紙で作られた名刺は、手触りもよく、高級感を漂わせてくれます。つまり、和紙で作られたということの物珍しさも特色ではあるのですが、和紙を使うことで会社そのものに対する信頼度を高める効果も期待できるのです。また和紙の名刺は特製の桐のケースとセットになっている場合も多いため、あなたの会社は大切な存在であるというアピールにも繋がります。つまり、非常にメリットが大きい名刺であると言えるのです。

顔と名前を覚えてもらえる!メリットいっぱいの写真入り名刺

名刺は社会人が仕事を行っていくに当たって、自分自身の顔や会社を売るために必要なツールです。新しい仕事を受注するためには、まずその会社の方に顔と名前を覚えてもらう必要があります。そのためには名刺を渡すことで、「○○会社の▲▲さんって方が、以前こんな売込みをしにきたなあ」と相手に印象を残すことが大切なのです。

しかし、通常の名刺には会社名や名前、電話番号、住所、そして近年ではメールアドレスや会社のホームページURLなどが記載されていることが一般的ですが、これでは「この人、どんな人で何をしにきたんだっけ?」と忘れてしまいます。名前だけ見ても、それが何の売込みだったか、何をきっかけに名刺交換をしたのか、どんな顔の人物だったかという印象が残りません。

そこで、顔写真を記載する名刺を作成するという方法があるのです。写真入の名刺は、相手に自分の顔を売り込むには格好のアイテムであるといえるでしょう。一般企業で顔写真入りの名刺を導入しているところはけして多くはありません。しかし、個人で事業を行っている方にとっては、自分で直接売り込みに行くとともに、相手にも自分の顔を思い出してもらえるという点では非常に有効性の高いツールであるといえるのです。

名刺だけ渡されても、なかなか名前を覚えてもらえるものではありません。大手の名前の知られた企業の場合なら、会社名だけでも覚えてもらえますが、中小企業や個人事業となればそうもいきません。そのため、相手にインパクトを与えるとともに、顔も覚えてもらえるという点では顔写真の入った名刺は非常に効果が高いものなのです。

いまや必須アイテム!就活で勝てる名刺とは

名刺は企業で働くサラリーマンなどの社会人が使うものだと思っていませんか?実は、近年非常に注目を集めているのが、就活専用の名刺です。近年は未曾有の不景気もあって、就職戦線は非常に厳しいものになっています。就活を成功させるために、現在では大学生のような学生でも、名刺を作ることで相手に名前を覚えてもらい、アピールする材料としているのです。

「学生が名刺なんて…」と考えるかもしれませんが、実は、就活において名刺は意外と力を発揮してくれるものなのです。名刺を交換するということは、例えば少なくともコミュニケーションを取ったことがある…つまり面識がある上に、自分が相手に名刺を渡すことで、社会人としてのマナー上、相手も名刺をくれることがほとんどで、このときに相手の連絡先を知ることも出来るのです。これは、例えば面接が終わった後に、お礼の電話を入れるなど、さらなるダメ押しのアピールにもつなげることが出来るのです。

しかし、学生の名刺なんて何を書けばいいのだろう…と悩む方もいらっしゃるかと思います。まずは絶対に必要なのが自分自身の名前です。名前とともに、振り仮名も記載するようにしましょう。さらに住所と電話番号はもちろんですが、近年はインターネット社会であるがゆえに、メールアドレスも合わせて記載して置くようにしましょう。この場合、携帯やフリーメールのアドレスは出来るだけ避けるようにするのがベストです。さらに、大学名や所属する学部学科はもちろんのこと、もし所属しているのであれば研究室もあわせて記載するようにしましょう。

以上のことは最低限、記載しておきたい事項です。さらに裏面に印刷も可能であれば、自己PRなども掲載しておくといいかもしれません。このように記載事項が決まれば、後は大学の生協に足を運べば、名刺作成を行っているところも多いので、作成の依頼をすれば、よりリーズナブルな金額で名刺を作成することが出来ます。いまや名刺は破壊人だけの武器ではなく、就活をする学生のための武器でもあります。そして、何も学生の就活だけでなく、転職活動にも活用できるので、大いに活用し、アピールの材料にしていきましょう。

えっ!?自分で作れるの?名刺の自作方法とは

「名刺は業者に頼まないといけないんじゃ…」とか、「名刺を業者に頼むと、100枚単位で注文しなくちゃいけなくて…。今、ほしい分だけ作れたらいいんだけど…」といった方も多いかと思います。そんな場合は、ぜひ自作で名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

まず、手軽に名刺を作成したいとか、様々なデザインのテンプレートの中から選びたいという方の場合は、名刺作成専用のソフトウェアも販売されていますので、そういったものを使うといいでしょう。各種の細かな設定も行うことが出来ますし、テンプレートに関しても、元のデザインを参考に色の変更などを簡単に行うことが出来ます。

また、名刺のデザインから印刷までをすべて自分で行いたいという方の場合は、多くのパソコンで標準インストールされているワードやパワーポイントを使って、作成してみることも可能です。インターネット上には様々な名刺用のテンプレートやデザインの見本が存在します。こういったデザインを参考にしたり、少しアレンジを加えてみるなどして、よりオリジナリティーのある名刺を作ることも出来ます。また、もし高度なスキルをお持ちで、またイラストレーターがインストールされているのであれば、これを利用してより細かなデザイン性の高い名刺デザインを作ることも可能です。

名刺のデザインが決まったら、内容を決める必要があります。会社名や役職、指名、住所、電話番号、メールアドレスはもちろんのこと、最近では似顔絵やQRコードなどを取り入れる名刺も増えています。どのような情報を記載したいか、そしてより印象に残る名刺になるように、しっかり検討した上で決めましょう。そしてすべてが決まれば、後は印刷するだけですが、材質はどうするか、カラーはどうするか…といった点も細かく検討した上で行うことで、より自分自身の希望に沿った満足できる名刺が自作で出来るのです。

インパクトのある名刺を目指して・・・オリジナル名刺の作り方

近年は名刺1つをとってみても、企業ごとに様々な個性があります。例えば、コーポレートカラーをあしらったり、また似顔絵を入れてみたりと様々な趣向を凝らしたものが目立ちます。

かつての名刺は相手に名前や会社名を覚えてもらうのとともに、挨拶を行うためのきっかけとして用いられていた側面が強かったと言えます。このような役割は今も昔も変わりはないのですが、企業間でも競争がより激しさを増すとともに、とりわけ中小企業や個人事業主も増えている現代に至っては、いかに相手に顔と名前、会社名を売り込むかが大きなテーマであり、またそれが会社の生き残りを賭けているといっても過言ではないのです。そのため名刺1つにしても、いかに目立つか、会社のカラーを出すかということが大切になってきます。

そこで、今までのような型にはまった一般的な名刺ではなく、オリジナルの名刺を作る企業や個人事業主などが増えてきました。まずどんなデザインにしたいかを話し合い、そのアイデアを元に、プロのデザイナーがデザインを行っていくのです。これを練り上げていくことで、オリジナリティーあふれる世界に1つだけの名刺が完成します。このように、他にはない独特なデザインの名刺を作り、それをビジネスシーンで使うことで、相手に対してもインパクトを与えることが出来るとともに、名刺交換で最も重要とされる会社名や名前を覚えてもらうことにつながるのです。また、会社の特徴を活かした名刺は、相手へ会社のイメージを伝えることにもつながります。つまり、オリジナルの名刺は小さいながらも様々な力を発揮してくれるビジネスにおける武器となるのです。